新着情報
12月24日(火)、毎年恒例の餅つき会がありました。近くにある水久保自治会のみなさまのご協力により、本物の杵と臼を使って餅つき体験ができました。小学生から高校生まで、「よいしょっ!」の声に合わせて、元気に餅つきをしました。ついた餅はすぐに、きなこやあんこで味付けをして、みんなでおいしくいただきました。    
12月といえば寄宿舎のクリスマス会。舎生実行委員会のメンバーで考えた今年のテーマは、 「サンタも喜ぶ、みんなも喜ぶ、光り輝く、パーリーナイト」 でした。 テーマにふさわしい電飾による光り輝く装飾や、ダンスサークル、音楽広場、バンドサークル、ゲームなどで盛り上がるパーリーナイトのプログラムになりました。また、サンタも登場して、みんなに素敵なプレゼントを届けてくれました。おいしいクリスマスの夕食を食べ、最後までみんなが喜ぶ会になりました。    
8月1日(木)、普通科生の夏開舎を行いました。今回は、昭和の夏祭りをコンセプトに、屋台の食べ物やくじ、ゲームを楽しんだり、櫓を中心に盆踊りを踊ったりして、日本の夏の行事らしさを楽しもうという企画です。それぞれの舎生がいろいろと役割を担ってお互いに協力しながら実施しました。地元水久保自治会からお借りした提灯も縁日の雰囲気を盛り上げてくれてとてもいい会になりました。翌日も、カラオケやボードゲーム、昼食作り、スイカ割りなどをして、夏の1泊2日を楽しみました。   
7月29日(月)、翌日の小・中登校日に合わせて開舎しました。今回は、遠足もあわせて行い、小学生・中学生総勢30名でボウリングに出かけました。いつもは泊まる曜日が異なる舎生とも一緒に、みんなでゲームや会話を楽しみました。夕食は初めての試みでレストランからのお届けで食事をいただきました。あいにくの急な雨で花火はできませんでしたが、夜には有志の落語会、そして希望する人はプレイホールで大勢での就寝と、いつもとはちょっと違った夏開舎ならではの寄宿舎生活を体験しました。