新着情報
12月24日(火)、毎年恒例の餅つき会がありました。近くにある水久保自治会のみなさまのご協力により、本物の杵と臼を使って餅つき体験ができました。小学生から高校生まで、「よいしょっ!」の声に合わせて、元気に餅つきをしました。ついた餅はすぐに、きなこやあんこで味付けをして、みんなでおいしくいただきました。    
12月といえば寄宿舎のクリスマス会。舎生実行委員会のメンバーで考えた今年のテーマは、 「サンタも喜ぶ、みんなも喜ぶ、光り輝く、パーリーナイト」 でした。 テーマにふさわしい電飾による光り輝く装飾や、ダンスサークル、音楽広場、バンドサークル、ゲームなどで盛り上がるパーリーナイトのプログラムになりました。また、サンタも登場して、みんなに素敵なプレゼントを届けてくれました。おいしいクリスマスの夕食を食べ、最後までみんなが喜ぶ会になりました。    
8月1日(木)、普通科生の夏開舎を行いました。今回は、昭和の夏祭りをコンセプトに、屋台の食べ物やくじ、ゲームを楽しんだり、櫓を中心に盆踊りを踊ったりして、日本の夏の行事らしさを楽しもうという企画です。それぞれの舎生がいろいろと役割を担ってお互いに協力しながら実施しました。地元水久保自治会からお借りした提灯も縁日の雰囲気を盛り上げてくれてとてもいい会になりました。翌日も、カラオケやボードゲーム、昼食作り、スイカ割りなどをして、夏の1泊2日を楽しみました。   
7月29日(月)、翌日の小・中登校日に合わせて開舎しました。今回は、遠足もあわせて行い、小学生・中学生総勢30名でボウリングに出かけました。いつもは泊まる曜日が異なる舎生とも一緒に、みんなでゲームや会話を楽しみました。夕食は初めての試みでレストランからのお届けで食事をいただきました。あいにくの急な雨で花火はできませんでしたが、夜には有志の落語会、そして希望する人はプレイホールで大勢での就寝と、いつもとはちょっと違った夏開舎ならではの寄宿舎生活を体験しました。   
  7月13日(土)、寄宿舎3大行事の1つ、「寄宿舎夏まつり」を行いました。近年のアツすぎる(暑過ぎる)炎天下を避け、今回から、オープニングのプログラム以外を屋内開催へと変更しましたが、引き続き、盛大に、アツく(熱く)、開催することができました。  たくさんのステージあり、模擬店あり、バザーあり、ゲームあり…。1学期の学校生活の終わりに、たくさんの思い出を作ることができました。地元水久保自治会やOB・OGの皆さまなど、本当に多くの方々にご協力をいただきました。また、大勢の卒業生や地域の皆さまにもご来場いただきました。本当にありがとうございました。   
6月21日(金) 高麗川に行ってきました。馬に乗ったり、川遊びをしたりして、たくさんの体験ができました。
恒例の寄宿舎夏まつりを今年も開催します!!どうぞご来場ください!!(チラシ)   寄宿舎 夏まつり テーマ:「令和初の新しい夏まつり!!最高の夏にしよう☆」日時:令和元年7月13日(土) 雨天決行     9時45分~14時30分 場所:埼玉県立特別支援学校塙保己一学園(笠幡85-1)    (県立盲学校)寄宿舎内 ※ 室内履き・下足入れをご持参ください。内容 :バザー、遊びコーナー(コリント、つかんで・ドン!他)  模擬店(焼きそば、フランクフルト、飲み物、マッサージ 他)舞台発表:大声・主張選手権、音楽広場、太鼓、プロレス、ダンス他                  作:普通科 寄宿舎生主催:埼玉県立特別支援学校塙保己一学園        (県立盲学校)寄宿舎 夏まつり実行委員会
6月8日(土)川越駅で点字ブロック理解推進・啓発キャンペーンが行われました。幼児、児童、生徒、保護者、教員、同窓会、東武鉄道川越駅管区、JR東日本川越駅、川越商工会議所などおよそ150名以上でティッシュやおせんべいを配りました。この活動を通して、視覚障害者にとって点字ブロックがとても大切なものだと理解していただけるといいですね。参加してくださった皆様、ご協力ありがとうございました。
5月8日~10日に修学旅行に行きました。1日目はUSJに行き、友達と一緒にアトラクションを楽しむことができました。2日目は、東映太秦映画村と北野天満宮に行く班と、清水寺と二条城を見学する班に分かれて行動し、江戸の歴史や京都の文化を学ぶことができました。また、匂い袋づくりにも取り組み、伝統文化を体験しました。3日目はなにわ探検クルーズに参加し、落語家さんの解説を聞きながら楽しく大阪の街の成り立ちや文化について学ぶことができました。3日間、友達と共に過ごし楽しく思い出に残る修学旅行となりました。
「ひなまつりお茶のお点前会」を行いました。PDFファイルをクリックしてください。
 寄宿舎では、平成31年1月8日(火)に「餅つき」を行いました。 たくさんの舎生が掛け声を出しながら、上手に餅をついてくれました。 できあがった餅は、からみ餅、きな粉、あんこ、にんにく醤油、チョコレート、ずんだ、納豆、磯辺と、子どもたちの意見を取り入れ、たくさんの味の餅を作りました。また、けんちん汁もおいしくいただきました。 今年も水久保自治会の方々にご協力いただき、盛大に「餅つき」を行うことができました。ありがとうございました。  
 12月17日(月)に、寄宿舎クリスマス会を行いました。今回の実行委員会メンバーで考えたテーマは「思い出に残る笑顔でハッピーなクリスマス」。 プログラムはダンスサークル、実行員主催のゲーム、音楽広場、小学部によるクイズ等、盛りだくさんで会を盛りあげてくれました。後半にサンタが登場し、みんなにプレゼントを届けてくれました。最後はプレイホールに大雪が降り、たいへん盛り上がりました。  
  去る11月12日(月)に、舎生の口腔ケアに関する知識・技能を高めるため、歯科医師で医学博士の林春二氏をお招きして「視覚障害児・重複視覚障害児の口腔ケア」と題する講演会を開催しました。   当日は参加を希望する保護者の方々にもご来場いただき、歯磨き介助を行う上での知識や技能についてのお話を伺い、具体的な手技を教わりました。      
 将来的な福祉事業所の開所を目指す「NPO法人みのり」をお招きして、「NPO法人みのりの取り組みと学校生活・教職員への期待」とのテーマで、懇談会を7月17日(月)に開催しました。 法人設立に向けた経緯やこれまでの取り組み、福祉事業所設立の計画、学校や寄宿舎、教職員への期待、保護者としての思いなどをうかがうことができました。視覚に障害のある子どもたちが将来いきいき働き、より良く社会参加する上での受け皿となるだけでなく、地域や様々な作業所を視覚支援のノウハウで繋ぐまさしく「センター的機能」を担う可能性を実感しました。 また、福祉制度について学ぶ必要性を教えていただきました。    
 夏の恒例行事、「寄宿舎夏まつり」が7月14日(土)に開催されました。 猛暑の中ではありましたが、日頃のサークル活動のステージ発表や模擬店・遊びのコーナーなど多くの方にご来場いただき、会場は大盛況でした。 水久保自治会をはじめとする近隣住民の方々、関係各団体の皆様にご協力を頂きましたこと、心より感謝申し上げます。    
3月5日(月)、寄宿舎で卒業を祝う会を行いました。今年度の卒業生は25名です。テーマ「ジャンプ・トゥ・ザ・フューチャー」のもと、太鼓サークル、音楽広場、ダンスやバンドの出し物で卒業生にエールを送りました。ゲ-ム「ぶっちゃけ、この人誰?」では卒業生が機械を通して声音を変えて話し、在舎生に誰であるかを答えてもらい、とても盛り上がりました。また、卒業生からは想い出や今後の抱負等述べてもらいました。              卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございました。今後のご活躍を期待しています。    
久喜市立上内小学校の6年生18名が来校し、オリンピック・パラリンピック教育授業の一環として、パラリンピック種目である「ゴールボール」と視覚障害者スポーツの中でも全国大会があり人気の「フロアバレーボール」を、本校中学部と高等部普通科の生徒と一緒に練習や試合を体験しました。 はじめはフロアバレーボールを体験してもらいました。第1回全国盲学校フロアバレーボール大会で優勝した生徒チームと教員チームのエキシビジョンマッチを観てもらい、スピーディーな試合展開やボールのスピード、そして打ち合いの迫力など、大きな歓声が沸きあがりました。その後、その生徒たちが中心となって全員でグループをつくり、フロアバレーボールの基本やルールなど、この競技のたのしさを伝えることができました。 つぎにゴールボールを体験してもらいました。昨年12月にドバイで行われたアジアユース大会にユース日本代表として出場した生徒3名と女子の日本代表強化指定選手1名の生徒が中心となって、歴史からルール、そして基礎まで伝えることができました。 初めてのスポーツで戸惑いもあったと思いますが、久喜市立上内小学校の6年生の皆さんは、とても熱心に...
 2月16日(金)普通科の進路学習会が行われました。本校普通科を3年前に卒業し、現在大学生の近藤佑圭さんに講師としてお話しいただきました。今大学でどのようなことを学んでいるか、高校生の間にどんなことに取り組んだか、障害とどのように向き合ってきたか等、先輩である近藤さんの話を生徒たちは真剣な表情で聞いていました。  後半の質疑応答では「なぜその学科に進もうと思ったのか」や「高校の時にやっておけばよかったと思うことは?」等、生徒や保護者から活発な質問が飛び交いました。これからの進路選択を考えるにあたって、よい時間となりました。【写真】進路学習会の様子       【写真】講師の様子
1月24日の水曜日、「寄宿舎成人を祝う会」が行われました。くす玉わりや記念品贈呈、同級生のピアノ演奏、記念撮影などで盛り上がりました。今回、成人を迎えた舎生は保健理療科の男性1名。学校長や専攻科の先生、中学生の頃の先生、かつての同級生、ご家族など大勢の方から、たくさんの励ましやお祝いの言葉をいただきました。本人からは、中学部から普通科、そして現在までの思い出を振り返ったり、専攻科生としてのこれからの決意が語られました。 
 日本盲導犬協会神奈川訓練センターより、スタッフ3名と盲導犬3頭が来校し、幼稚部、小学部、中学部で体験学習を行いました。 幼稚部や小学部の低学年では、立ち上がったら身長より大きい犬に、怖がって人の陰に隠れていた子もいましたが、友達が触れていたり、一緒に歩いたりするのを見たりしているうちに、やってみたくなったようでした。一緒に歩いたりグルーミングをしたりできると、触ってみることもできました。 中学部1・2年生は、説明を聞いたりふれあったりすることを中心に行うグループと、ハーネスを持って歩く体験をするグループに分かれて交替で体験しました。たくさんの人が障害物になって立っていると、2人分の幅があり通れるところを盲導犬が見極めて、誘導してくれました。中学部3年生は、全盲の生徒中心に外へ出てじっくり歩く体験をしました。その他の生徒は、盲導犬について詳しく話を聴いたり、グルーミングをしたり、盲導犬の服やその他の用具を観察したりしました。知らなかったことをたくさん教えていただきました。【写真】幼稚部の様子      【写真】小学部の様子    【写真】中学部の様子  
平成30年1月12・13日(金・土)に浦和コルソ7階にて第17回職業教育フェアが開催されました。本校専攻科2年生6名は、13日(土)に小松教育長はじめ53名の方々に対してマッサージ体験による施術を行いました。「体が温まった」「肩が楽になった」などの喜びの声をいただき、今後の励みとなりました。[写真]「教育長・県立学校部長 マッサージ体験の様子」 [写真]「職業教育フェアの様子」[写真]「2年生集合写真」  
12月26日(金)、今年も水久保自治会の方々にご協力いただき、「餅つき」を盛大に行うことができました。たくさんの生徒が餅つきに参加し、おいしい餅を作ってくれました。もち米を口に含み、噛んでお餅になる感覚を楽しんでいる生徒もいました。今年はきな粉、あんこ、にんにく醤油の3種類の餅が用意され、みんなでおいしくいただきました。PTA役員の方々が作ってくださったけんちん汁は好評で、あっという間に大鍋が空っぽになりました。ご協力ありがとうございました。        
12月18日(月)に寄宿舎でクリスマス会を行いました。今年のテーマは「笑顔キラキラ☆みんなで楽しむクリスマス!」です。会場は「お菓子の家」をテーマに作られ、折り紙や紙粘土で作ったキャンディーやクッキーで飾られました。舞台発表では、小学部(クイズと歌)、鉄道サークル(鉄道クイズ、ものまね)、音楽広場(歌)、マカロン(ダンス)が会場を盛り上げてくれました。ゲームは今年もさらにパワーアップし、「料理・歌詞読みサイコロクイズ」を行いました。サイコロを振って学部対抗で得点を競い合い、今年は中学部が勝利しました。サンタクロース登場では、みんなで「サンタクロースはどこだ♪」と声を合わせて歌うとサンタクロースが鈴の音とともに登場し、クッキーをプレゼントしてくれました。みんなでクリスマスを楽しむことができました。   
 8月3日(木)から4日(金)まで、普通科生の夏開舎を行いました。1日目の日中は、さいたま市の鉄道博物館を見学しました。鉄道が大好き!な舎生も、そうでもない舎生も、シミュレータに挑戦したり、ジオラマ・機関車などを見たり、大きな汽笛にびっくりしたりと、様々に楽しんで寄宿舎に帰ってきました。夜には、花火、○×ゲーム、アームレスリング、ツイスターゲーム等、翌日にはプールや昼食作りをして、思い切り体を動かし、交流を深めました。   
 7月31日(月)から8月1日(火)まで、学校の登校日に合わせて夏開舎を行いました。いつもは利用する曜日が異なる舎生とも一緒に泊まり、夕食づくりをしたり、夕涼みに出て花火やキャンプファイヤー、夜には有志のミニ演芸会、そしてプレイホールにテントを張ってそこで就寝したりと、いつもとはちょっと違った夏開舎ならではの寄宿舎生活を体験しました。中学部生は、2日目は3つのスクリーン(テレビ)に分かれて音声解説付き映画を楽しみました。   
 今年も恒例の夏まつりが、7月15日(土)に行われました。今回も本当に多くの方々のご協力、ご来場をいただき、盛大に開催することができました。ありがとうございました。夏空の下、たくさんの模擬店あり、ステージ発表あり、ゲームコーナーあり…。白杖の妖精“つえぽん”も来てくれました。たくさんの思い出を作ることができました。   
今年も南棟・北棟の各棟玄関に七夕飾りをしました。ご近所から頂いた竹に、みんなそれぞれの願いごとを書いた短冊を飾り付けました。 学部・寄宿舎の先生や校長先生、教頭先生、その他大勢の方にも書いていただいて、素敵な願いでいっぱいの七夕飾りになりました。 部屋では、トーンチャイムを使って一人一音、七夕さまのメロディに挑戦しました。    
寄宿舎夏まつりが、7月15日(土)に開催されます。詳しくは、こちら(PDF)をご覧ください。
4月17日(月)に新入舎生歓迎会が行われました。今年は小学生から専攻科生まで17名の入舎がありました。それぞれ自分の名前と好きな事や趣味などの発表があり盛り上がりました。舎友会役員から寄宿舎のいいところの紹介や歓迎のバンド演奏もあったりして楽しい会になりました。
寄宿舎では3月6日(月)に「卒業を祝う会」を行いました。今年の卒業生は24名です。サークルの出し物では太鼓サークル、音楽広場、ドミトリーズやドリームズが、それぞれのパフォーマンスで卒業生へエールを送りました。学部ごとの出し物では、在校生から卒業生へ、そして卒業生から在校生への言葉やプレゼントの贈りものがありました。今年は「ぶっちゃけ暴露発表」という今だから言える話を紹介するコーナーもあり、みんなを笑わせてくれました。最後はみんなで花道を作り、笑顔で卒業生を送り出しました。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。今後のご活躍を期待しています。  
1月16日(月)成人を祝う会を行いました。今回、成人を迎えたのは保理科2年生の男性舎生2名でした。専攻科の先生からお祝いの言葉、家族や卒業舎生からのお祝いボイスレター、専攻科生による歌もあり、会を盛り上げてくれました。  
寄宿舎では、平成28年12月22日(木)に「餅つき」を行いました。たくさんの生徒が大きな掛け声を出して、餅をついてくれました。 今年もからみ餅、きな粉、あんこ、醤油など、色々な種類の餅があり、みんな「美味しい!」とたくさん食べていました。けんちん汁もあり、心も体も温まる餅つきになりました 。 今年も水久保自治会の方々にご協力いただき、「餅つき」を行うことができました。ありがとうございました。  
12月19日(月)に寄宿舎でクリスマス会が行われました。今年のテーマは「みんなに届け!キラッキラな笑顔のクリスマス会」です。テーマに合わせ、金・銀の星が会場全体に飾られました。キラッキラな舞台では、音楽広場(歌と合奏)、鉄道サークル(アナウンスとクイズ)、小学部(歌)、ドミトリーズ(バンド)、ドリームズ(ダンス)が会場を盛り上げてくれました。またゲームでは、歌詞を聞いて曲を当てる「歌詞読みイントロドン」を行いました。昨年同様、サイコロを振って得点を競い合い、学部対抗でとても盛り上がりました。サンタクロース登場では、なんと巨大なプレゼント箱からサンタクロースがサプライズ登場!みんなを驚かせてくれました。みんなのキラッキラな笑顔が見ることができたクリスマス会でした。       
 7月9日(土)、今年も寄宿舎の「夏まつり」が行われました。朝からの雨により舞台を食堂内にも作り、例年の玄関前と合わせて2か所での開催となりました。バンド演奏やチアダンス、プロレスなどそれぞれ楽しく迫力のある発表となりました。また、作業所による模擬店もたくさん出店していただき、ありがとうございました。あいにくの天気にもかかわらず、たくさんの方に来ていただき、子供たちにとっていい思い出になったことと思います。ご協力ありがとうございました。     
 夏休みプール開放のお知らせ  盛夏の候、保護者の皆様には日頃から本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。 本年度も下記の要領でプール開放を実施いたします。幼児児童生徒の皆さんのたくさんのご参加をお待ちしております。 1 プール開放日と時間  午前10:00~12:00  午後1:00~3:00  7月31日(日)午前・午後  8月 3日(水)午前のみ8月 7日(日)午前・午後  8月 8日(月)午前のみ  8月10日(水)午前のみ  8月21日(日)午後・午後 2 利用できる人  ① 本校幼児児童生徒(プールカードに必要事項を記入し提出してください)  ② 保護者、兄弟 【注意】 体調不良、伝染性疾患があるなど、健康状態がすぐれない方は利用できません。未成年者のみの利用はできません。必ず、責任者が同伴してください。 3 保険について:プール利用者は当日、「使用許可願」に必要事項をご記入いただき、万一の事故に備え、保険に入っていただきますのでご理解をお願いいたします。また、泳がずにプールサイドにいる方も原則として保険に入っていただきますので...
寄宿舎夏まつりが、7月9日(土)に開催されます。詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。
寄宿舎では3月7日に「卒業を祝う会」を行いました。今年の卒業生は23名です。サークルの出し物や学部ごとに卒業生への言葉やプレゼントを贈りました。卒業生は今までの思い出や卒業後の進路や意気込みを話してくれました。最後にみんなで花道を作り、卒業生を送り出しました。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。今後のご活躍を期待しています。