サポート委員会からのお知らせ

サポート委員会・あれこれ!2 点字の初めは懐中定規から

サポートバンクの皆様、及びボランティア活動に関心がある方!お元気でしょうか。2度目の文章を書かせていただきます。コロナ禍の勢いは衰えを知らず、生徒・教員一同、感染防止を第一に、細心の注意を払いながら、教育活動に励んでおります。先月は読み書きと点字図書整理などに協力をいただきました。ありがとうございます。

 前回の文で、沢山のボランティアの方々に点訳・音訳・テキストデータ化の支援をいただいていると書きました。点訳とは、普通文字の資料や冊子、本などを点字に起こす作業です。過去、ボランティアの皆様が少なかった頃、新刊本が出て、図書館で貸し出しできるまで点訳は早くて3~4ヶ月はかかったものです。連続シリーズの本は次のストーリーがどうなったか知りたくて知りたくて、まだかまだかと待ち望んでいて長く感じられたものでした。ひどいものは、シリーズが終了したにも、点字本はシリーズの途中でこれからと言うとき、ネタバレされがっかりすることもありました。

 音訳は視覚障害者に直接読み聞かせを行うか、その音声を何らかの媒体に録音することです。カセットテープって貴重品でしたね。ボランティアの方が音声を吹き込んで、勉強や趣味、新しい情報などいろいろ聞かせていただきました。

 テキストデータ化はボランティアの方がパソコンで、普通の文字の資料や本をテキストファイルやワードなどに起こし、視覚障害者もパソコンで文字を確認しながら読めるようにする活動です。これにもいろんな種類や、やり方があるので、デイジーの話も踏まえていつか書かせていただきます。

 今回は、点訳についてボランティアの方が手にする懐中定規について書かせていただきます。

 点訳ボランティア活動に関心がある方は社会福祉協議会か、点字図書館で主催する点字教室に参加され、点字を学ぶことが一般的かと思います。その後、地元のボランティアグループに所属したり、教育関連施設のグループに所属しいろんな点字のルールを身につけ、点訳活動を始めます。グループの先輩たちが新人の方が作った点訳資料を見て校正をし、意見交換しながら、新人は経験を積んでいきます。点字は読み通りに文字を書くので、助詞の[は]や[へ]が[わ]や[え]に書かなくてはならないこと、読み手が読みやすいように分かち書きを工夫したりとそれはそれは慣れるまで大変だと思います。

 いずれにせよ、点字教室で点字を学ぶとき、初めは懐中定規を使って六つの点字に慣れていただくことになると思います。一番一般的なものは6行32マスのものです。道具にこる方はいろんなものを買いそろえたりします。

 視覚障害を少しでも知っていただくために、社会福祉協議会や、作業所共同主催の祭りに点字をPR誌に出かけるとき、しおりや名刺に名前を書くことを体験してもらいます。そのとき活躍するのが、名刺用の懐中定規です。

閉じた懐中定規が4つ

 

開いた懐中定規が4つ

 写真は名刺用の懐中定規、一般的に使われる6行の懐中定規2個、アメリカ製の懐中定規です。

 名刺用は、上蓋をよく見ると縦の線が2本、途切れながら繋がっている横線が2本あります。普通の名刺のサイズなら、右側の縦線を基準に書き込めばちょうどです。横16~17マス、縦5行分の文字数となります。

 一番下の定規はアルミ製で、横27マス、縦4行のものです。日本製のものより、横に長いです。これはA4サイズの点字用紙を使います。マスとマスとの間も広く、点字も少し大きめです。日本人にはこの定規の点字は大きいですが、体格の大きいアメリカ人にはちょうどのようです。逆に日本の定規で書いた点字はアメリカ人にとっては小さくて読みづらいと聞きますので、その国によって点字も大きさを変えて発達したものですね。
 
次回も点字懐中定規の仲間について書かせていただきます。