学校全体のこと

学校全体のこと

今年度の教職員の研修報告

 今年度は、コロナ感染拡大の影響で予定していた研修等が中止・縮小されることが多い中、本校教職員は以下のような研修を行ってきました。全国規模の研修をはじめ、オンラインでの実施が増えています。来年度も、コロナ禍での研修のあり方を模索しながら、実施していきたいと考えています。

○新転任者・希望者研修

点字入門、全盲・弱視体験、ガイド歩行の基礎、寄宿舎教育、視覚障害の基礎、障害者の生活と福祉について研修しました。

○全校研究

テーマ「幼児児童生徒の主体性を育む授業づくり・生活づくり」のもと、各学部で研究を進めています。

○夏の専門研修

歩行指導、盲学校の教材・教具について体験的または具体物を使って研修しました。

○教科研究

月1回程度、教科ごとに教員が集まり研究しています。

○学部間連携会議

各学部の教員が縦割りで小グループを作り、各学部の方針を踏まえ、本校の課題や全校に関わるテーマについて話し合いをしました。今年度は、コロナ禍での盲教育について広く意見が交換されました。

○防災・防犯研修

今年度は、担当の教員が水消火器訓練と、救助袋降下訓練を行いました。また、全教職員を対象に、さすまたの使用法等を警察署の方のお話を聞きながら練習しました。

○自立活動に関わる職員研修(PC指導)

マウスを使わないパソコン操作の方法や、音声を用いた基本的なパソコン指導についての研修を行いました。

○保健・給食研修

救急法講習会(心肺蘇生・AED)、アレルギー対応、異物除去、各学部で幼児児童生徒の緊急対応確認などを行いました。

安全な給食の提供について、調理室の様子や給食ができるまでの流れ等から研修しました。

○その他

外部での研修にも参加しました。視覚障害に限らず、様々な障害種・教育分野に関連する研修に参加しています。

点字ブロック理解推進・啓発キャンペーン

6月8日(土)川越駅で点字ブロック理解推進・啓発キャンペーンが行われました。幼児、児童、生徒、保護者、教員、同窓会、東武鉄道川越駅管区、JR東日本川越駅、川越商工会議所などおよそ150名以上でティッシュやおせんべいを配りました。この活動を通して、視覚障害者にとって点字ブロックがとても大切なものだと理解していただけるといいですね。参加してくださった皆様、ご協力ありがとうございました。





久喜市立上内小学校との交流

久喜市立上内小学校の6年生18名が来校し、オリンピック・パラリンピック教育授業の一環として、パラリンピック種目である「ゴールボール」と視覚障害者スポーツの中でも全国大会があり人気の「フロアバレーボール」を、本校中学部と高等部普通科の生徒と一緒に練習や試合を体験しました。

 はじめはフロアバレーボールを体験してもらいました。第1回全国盲学校フロアバレーボール大会で優勝した生徒チームと教員チームのエキシビジョンマッチを観てもらい、スピーディーな試合展開やボールのスピード、そして打ち合いの迫力など、大きな歓声が沸きあがりました。その後、その生徒たちが中心となって全員でグループをつくり、フロアバレーボールの基本やルールなど、この競技のたのしさを伝えることができました。

 つぎにゴールボールを体験してもらいました。昨年12月にドバイで行われたアジアユース大会にユース日本代表として出場した生徒3名と女子の日本代表強化指定選手1名の生徒が中心となって、歴史からルール、そして基礎まで伝えることができました。

 初めてのスポーツで戸惑いもあったと思いますが、久喜市立上内小学校の6年生の皆さんは、とても熱心に笑顔で取り組んでくれて、塙保己一学園の生徒にとっても、とてもすばらしい時間になりました。

パラリンピック種目である「ゴールボール」と全国で人気の「フロアバレーボール」をひとりでも多くの方に伝えていただいて、ぜひ2020年の東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げていくことをお互いに約束をして、この体験を終えることができました。