令和2年度学校経営方針

 令和2年4月1日 校長 栁澤 正則

 

 

令和2年度学校経営方針


本校の目指す学校

視覚障害児者の発達と自立、社会参加を支える拠点となる学校

 を実現するために、令和2年度学校経営方針を以下のようにする。

 

 

Ⅰ 分かる授業、伸びる授業、定着する授業を推進する

〇 一人一人に応じた発達と自立、社会参加のための授業づくり
〇 視覚障害教育、特別支援教育、教科指導等の専門性向上

 

 

 ○ 一人一人に応じた発達と自立、社会参加 

   ・実態把握に基づいた指導計画と授業実践 

   ・支援プランA・B、重点課題の共有、具体的な目標と評価 

   ・コミュニケーション能力の育成(いろいろな場の設定と工夫) 

 

 ○ 視覚障害教育、特別支援教育、教科指導等の専門性の向上 

   ・基礎的な点字、歩行指導、補助具の適切な活用、障害等についての理解

   ・特別支援教育の基本(可能性を伸ばす、児童生徒から学ぶ等)と専門性(知的障害、肢体不自由、発達障害等)の向上 

   ・実践を通した学び合い

  

 

 Ⅱ 学校の良さを発揮し、積極的に発信していく 

 〇 センター的機能の充実 

 〇 情報発信による本校及び視覚障害教育理解の推進 

 

  ○ センター的機能の充実

   ・教育相談や支援要請への適切な対応 

   ・東洋療法研修センターの具体的運用と推進
   ・盲学校としての進路指導の充実

  

 ○ 情報発信による本校及び視覚障害教育理解の推進 

   ・各種行事等を通した理解啓発(交流、マッサージ体験等) 

   ・ホームページの充実

   ・情報のまとめ(特別支援教育編成要領、研究、歴史等)

 

Ⅲ 生徒、保護者、職員の思いが生きる教育活動を推進する

 

 〇 チーム「私たちの学校」 

 

 ○ チーム「私たちの学校」 

   ・生徒、保護者、職員の声を教育活動に生かす(日頃の報告・連絡・相談、場の設定と工夫) 

   ・教職員間、学部間、学部・寄宿舎・事務室等の連携 

   ・実践、研修の共有(全校研究、自立活動、各教科、行事等) 

   ・他機関等との連携、働きかけ(通学の安全、負担への対応) 

 

 

 Ⅳ 充実した教育環境を構築する 

 〇 盲学校としての学びの環境の充実、将来構想 

 

 

  ○ 盲学校としての学びの環境の充実 

   ・寄宿舎の充実(施設の拡充、指導員の増員等) 

   ・教室不足の改善(校舎増築等) 

    

 ○ 将来構想 

   ・県内一校の盲学校としての在り方(分校、分教室、サテライト等)