本校について
埼玉県立特別支援学校 塙保己一(はなわほきいち)学園(県立盲学校)は視覚障害者教育を行う学校です。幼稚部、小学部、中学部、高等部普通科、高等部専攻科(理療科・保健理療科)、寄宿舎を設置しています。
新着情報
校長から  *---------------------------------------------------------* みんなの力を合わせる「私たちの学校」⑤ 小学部・中学部・高等部普通科 ときめきました「ピアノトリオコンサート」 *---------------------------------------------------------* が更新されました。   学校概要の中の「学校長より」からご覧いただくか、 こちらからご覧ください。
12月2日(金)に小学部のマラソン大会を行いました。青天の中、一人一人爽快な走りを見せてくれました。1~3年生は10分走を、4~6年生は外周走に取り組みました。それぞれの目標に向け、練習した成果が、当日に半数以上の自己ベスト更新という結果になりました。早くも来年度のマラソン大会が楽しみです。
夏から秋、冬へと季節が巡る2学期。 プールや水遊びから始まり、幼稚部みんなで取り組んだ霜月祭の発表!社会体験では、サイボクハムや近所のリカスでお買い物をしました。ハロウィンでのトリックオアトリートも楽しかった~。芋ほりで採れたおいもを使った焼き芋会、冬のお楽しみ会と、楽しいことが盛りだくさんの2学期でした。 そんな幼稚部のみんなの様子を、数回に分けて一挙公開!お楽しみください  
教育相談について

視覚障害教育のセンター的機能として、0歳児から大人の方まで、見え方などに不安のある方の相談・支援をしています。ご家族や関係機関の方からのご相談もお受けします。
また、「東洋療法研修センター」を設置しており、「あはき(あん摩・マッサージ・指圧、はり・きゅう)」に関する相談や支援、情報提供を行っております。

なお、教育相談に関する詳細情報や、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する行事等の変更については、相談と支援をご覧ください。